【レビュー】バウルー「サンドイッチトースター ダブル」~おすすめな6つの理由

2019-12-19CAMP

出典:イタリア商事株式会社
当記事を読んでわかること

ホットサンドにはバウルー「サンドイッチトースター ダブル」がおすすめな理由

空前のキャンプブームですね。
今年買ったホットサンドメイカー バウルー「サンドイッチトースター ダブル」が最高だったので、良かった理由を共有したいと思います。

レビューまとめ

おすすめな6つの理由

少し残念な2点

商品紹介(スペックなど)

サイズ幅14.2 × 長さ35.0 × 厚さ3.7cm
材質アルミダイキャスト、ステンレス、フェノール樹脂、フッ素樹脂加工(内面)
重量420g
熱源ガス(直火)

残念な点詳細

値段がそこそこする

最安値のホットサンドメイカーを探すと、1000円台前半のものもあります。
そんな中、大体3000~4000円ぐらいです。
ただ、有名メーカーのものは大体同価格帯が多いです。
個人的には、ホットサンドメーカーは何個も買うものではないと思いますので、値段よりも機能面を重視することをお勧めします。

パーツが二つに外せない

接合部分が外せないので、上下にパーツが分かれません。
『パーツを外せるとより洗いやすい』という意見もあります。
ですが使ったみたらわかりますが、フッ素加工なのでそもそも汚れにくいです。
そのため、洗いにくさはあまり気になりませんでした。

良かった点詳細

良い点①:軽い!

バウルーの重さは420gです。
ホットサンドメーカーの中で最も軽いものではないです。(※最軽量は330gぐらい)
ですが、700g~800gなどのものが多い中、かなり軽量な部類です。

「たかが数百グラム」と思うかもしれません。
ですが、キャンプはほかにもテント・寝袋・焚き火台…などなどと荷物がとても多いです。こういうちょっとした積み重ねが全体の重さにつながります。

良い点②:耳付きのまま焼ける

ものによっては、パンの耳を切り落とさないといけないホットサンドメーカーもあります。「パンの耳を切り落とすなんて、そんなの大した手間じゃないじゃん!?」って思うかもしれません。

確かに、家の中においてはそうです。包丁もまな板もなんでもある。落とした耳はそのまま冷蔵庫にいれて後で食べてもよい…。

ですが、キャンプ場では違います。そのちょっとした手間がないことが「楽だったので、また持っていこーっと」という風な気持ちにさせてくれるのです。

良い点③:パンのふちが圧着できる

左:ピザソース + ハム + チーズ 右:ハム + ポテサラ

「そんなの何がいいの?」って思うかもしれません。
ですが使ってみるとわかります!挟んだ具材がこぼれにくいのです

汁っ気が多いもの(カレーなど)も挟めますよ!
前日作ったカレーを翌朝ホットサンドにするとか最高です!!

良い点④:フッ素加工のため焦げ付かない

バウルーはフッ素加工がされています。そのため全然焦げ付きません
そのため、洗うのがすごく楽です!!
キャンプの時後片付けが楽というのは大きなポイントです。

買ったばっかりの時に油も引かずに目玉焼きを焼いてみました。

焦げ付かずきれいにひっくり返せました♬

良い点⑤:中央部分で2等分されるので、いろんな味が楽しめる

個人的に最もおすすめな点です!!

パンってなんだかんだで結構おなかに貯まりますよね。
折角ホットサンドをやるんです!!
いろんな味楽しみたいじゃないですか!
そんな要望をかなえてくれるのが「バウルーのダブル」です。

真ん中で切れるので、2種類の味が楽しめます!!

左 :コロッケ 右:シュウマイ

良い点⑥:直火でOK!

直火でOKです。そのため、家でもキャンプ場でも大活躍です。
こないだキャンプに行ったときは、「ホットサンド + カップスープ」でおいしい朝食をいただきました。

その他

肉まん・ピザまんをホットサンドしてもおいしいです。

購入リンク